血中脂質 タイプ

血中脂質異常のタイプ

血中脂質異常のタイプ

血中脂質異常には3つのタイプが有ります。血液中の脂質には4種類有りますが、このうち心筋梗塞や脳梗塞などに繋がるほどの悪い脂質はコレステロールと中性脂肪だけです。

 

・(悪玉)LDLコレステロールが基準値以上(高LDLコレステロール血症)
・(善玉)HDLコレステロールが基準値以下(低HDLコレステロール血症)
・中性脂肪(トリグリセライド)が基準値以上(高トリグリセライド血症)

 

なお、悪玉コレステロールが血液内で必要以上に存在すると余ったLDLが動脈の壁にひっついてしまい血液の流れを阻害します。一方でHDLコレステロール(善玉)は反対に動脈の壁にひっついたコレステロールを血液中に戻す役割を果たします。

 

最後に中性脂肪はこれが異常にあるからといって動脈の壁にひっついて血液の巡りが悪くなるということは無いのですが、作用としてLDLが増やしやすくHDLを減らしやすいという結果が出ています。つまり中性脂肪が多く存在すればそれだけ動脈硬化のリスクは高くなります。

 

また、中性脂肪値が高いとメタボになってそれ単体で直接的に生活習慣病を引き起こすことも分かっていますので注意が必要です。どのページでも言っていますが、食事療法・運動療法が血中脂質異常改善の方法です。

人気サプリ第1位


ホーム RSS購読 サイトマップ