中性脂肪とコレステロール

中性脂肪やコレステロールの豆知識①

中性脂肪やコレステロールの豆知識①

中性脂肪やコレステロールに関する豆知識を紹介していきます。

 

心筋梗塞や脳梗塞など死に直結する病を引き起こす血中脂質以上。出来るだけ血中脂質は少なくしたほうがいいのでしょうか?

いいえ、中性脂肪やコレステロールなどの血中脂質は多すぎるのも問題ですが、反対に少なすぎるのも問題です。普通に考えて脂質が血液中にあるという事は人間が活動していく上で必要だからだと思いませんか?だから少なすぎるのも問題なんです。

 

例えば、脂質はそもそも人間活動の源になるパワーですし、コレステロールも細胞やホルモンを作ったりするのに必須のものなんですよ。

 

ですから、血中脂質が低いとなると通常の生命活動が出来ない可能性も有りますので、基準値内に収めることが大事と認識しておきましょう。

 

参考記事:血中脂質の正常基準値

中性脂肪が高くなるとどんな病気を誘発するの?

既に述べたようLDLコレステロールが高いと動脈硬化性疾患を患う可能性が高くなり、中性脂肪も動脈硬化性疾患を促進する働きがあります。また、中性脂肪が高くなると急性膵炎の原因となります。

 

急性膵炎になると背中全体に痛みが走ったり、お腹の上部が痛くなったり、嘔吐・食欲不振などの症状が発生します。

 

また、中性脂肪が高いとメタボリックシンドロームになりやすいと言われています。

人気サプリ第1位


ホーム RSS購読 サイトマップ