血中脂質異常とは

血中脂質異常とは?【どんな状態を指すのでしょうか】

血中脂質異常とは?【どんな状態を指すのでしょうか】

このページは

 

健康診断で血中脂質異常と判断された!!

 

が、先生の説明がいまいちよく分からなかったという人ためのページでございます。

 

血中脂質異常とはその名の通り血液の中の脂質が増えすぎてしまう病気です。

 

代表的な血中脂質としてはコレステロール・中性脂肪が挙げられます。特に中性脂肪(tg)が多いと判断された人が多いのではないでしょうか。

 

なお、血液中にはコレステロール・中性脂肪以外にもリン脂質、遊離脂肪酸を含めて4種類の脂質が流れていると言われていますが、問題になるのはコレステロールや中性脂肪がほとんどです。

 

血中脂質異常は正直、体に異変がすぐに発生するわけでは有りません。血中脂質が高くなったからといってすぐに病気が襲ってくるわけではないんです。しかしながら、この血中の脂質異常を放置してしまえば血管の内側に脂質が溜まり【動脈硬化】と呼ばれる恐い病気になってしまいます。

 

そして血中脂質異常は動脈硬化になっても実際に心筋梗塞や脳梗塞にならない限り、体を壊したりする原因にはならないことです。しかし心筋梗塞や狭心症の原因は動脈硬化です。事前に血液内の脂質を整えてあげることが必要だと認識しておきましょう。

 

参考記事血中脂質異常のタイプ

人気サプリ第1位


ホーム RSS購読 サイトマップ