血中脂質を下げる

血中脂質を下げるための食事方法の紹介

血中脂質を下げるための食事方法の紹介

血中脂質を下げるための食事方法をここでは紹介したいと思います。血中脂質が異常を表す時、遺伝的要素や他の病気から併発される場合も有りますが、全体の8割以上は生活習慣による問題で血中脂質が高くなるとされています。

 

そして、血中脂質異常を引き起こす生活習慣には色々有りますが、代表的なものをあげれば「肥満」「脂肪の多い食事が好き」「運動不足」「運動不足による肥満」など結果として【食事】が主要因となっていることが一番多いのです。

 

ですから、血中脂質を下げると決めた場合にまず始めにやらなければならないのが「食事療法」なのです。以下では厚生労働省が紹介している「脂質異常症を防ぐ食事の基本」を紹介しておきます。個別具体的な事例についてはこれから色々と紹介していくつもりです。

 

厚労省発行「脂質異常症を防ぐ食事の基本」

 

魚・肉・野菜など色々な種類から色々な栄養素をバランスよく摂取する

 

カロリーコントロールを行い標準体重値を保つ

 

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の摂取割合を1:1.5~2の間でコントロール。

 

ちなみに飽和脂肪酸は動物性のお肉。不飽和脂肪酸は植物性油や魚に入っているとされています。


 

ビタミン・ミネラル・食物繊維をしっかりとる

 

ビタミン・ミネラルは海藻類に、食物繊維は野菜に多く入っています。


 

コレステロールが高い人は高コレステロール食品は控える

 

中性脂肪が高い人はケーキなどの糖類を多く含むもの、酒類も制限しましょう。

 

 

以上が、厚労省が発行している脂質異常を防ぐための食事の基本です。「血中脂質異常のタイプ」でも紹介していますが、血中脂質異常にはLDLコレステロールが高い場合と中性脂肪値が高い場合、もしくは両方が高い場合の3パターンが有ります。

 

それぞれの症状で気をつけるべき食事の基本は以下の通りです。

 

LDLコレステロールが高い事場合・・・①~⑤を注意
中性脂肪値が高い場合・・・①~④、⑥を注意
両方が高いことによる血中異質異常・・・①~⑥を注意

 

以上のようにいずれにせよ①~④は全ての人に共通して守ってほしい点です。更にその上で自分の血中脂質異常のタイプを把握して注意すべき事項が変わっています。

人気サプリ第1位


ホーム RSS購読 サイトマップ