血中脂質 死亡

血中脂質異常で死ぬ人は全体の約30%

血中脂質異常で死ぬ人は全体の約30%

血中脂質異常がどれほど危険なものなのかはしっかりと理解しておきましょう。厳密には血中脂質が基準値より高い人がすべて死ぬわけではないのですが、血中脂質異常が大きな原因と一つされる動脈硬化疾患で死ぬ人は日本人の死亡要因の30%を占めています。

 

現在死亡要因の第1位は肺がんを含む【ガン】ですが、2位は狭心症や心筋梗塞などの心筋梗塞であり、3位は脳梗塞を含む脳卒中です。それだけ動脈硬化の原因となる脂質異常が危険であることを示しています。

 

 

また、動脈硬化は他にも病気を引き起こすリスクを持っています。例えば動脈硬化によって高血圧の症状が悪くなったり、腎臓病を併発してしまうリスクだってあるのです。

 

ちなみに高血圧も動脈硬化を悪化させます。どちらもお互いの症状を悪化させるものなんです。注意が必要ですね。特に脂質異常は体に異変が起こるまで何か具合が悪くなるという自己症状が有りませんから、セルフケアが非常に重要になってきます。

 

色々な原因が重なりあって起こるのが心臓病や脳卒中

 

血中脂質異常以外にも動脈硬化を引き起こす要因はいくつかあります。例えば先ほど紹介した高血圧もそうですし、肥満、糖尿病なども動脈硬化の原因に成り得ます。これらが重なって発症すれば発症するほど動脈硬化は進行し、ひいては脳卒中や心臓病の危険性は高まります。

 

そして、現在ではこのような症状が現れている状態を「メタボリックシンドローム」と言ったりします。

人気サプリ第1位


ホーム RSS購読 サイトマップ