コレステロール 生成量

コレステロールは実は体内で生成される量のほうが多い??

コレステロールは実は体内で生成される量のほうが多い??

コレステロール増やす食品や減らす食品を紹介する前に

 

「コレステロールって全体の7割程度は体内で合成されていること」を知っていますか?

 

実はそうなんです。食事からとるコレステロールの量よりも体内で作られるコレステロールの方が多いんですよ。そのため、食事から一切コレステロールをとらなかったとしても血中にはコレステロールが存在しています。

 

そして脂質異常の疑いのない人はコレステロールを多く含む食品を食べ過ぎたとしても一定量以上は体外へ排出され異常値になることを防ぎます。つまり食事でコレステロールを多く含む食品を摂ったなら体内における合成量が減少し、コレステロールが一定に保たれるようなシステムが存在しています。

 

高コレステロールの人は要注意!!

 

でもだからといって、高コレステロールの人が食事に気を使わず高コレステロールの食品を多く摂るのはNGです。

 

なぜなら、高コレステロールの人は血液中のコレステロールの量を一定にするそのシステム自体に異常が発生しているからです。また既に体内に多く存在しているコレステロールも減らさなければいけないのですから、高コレステロールの食事はとらないようにするのが一番です。

 

以下リンク先では、コレステロールを多く含む食品、コレステロールが少ない食品、体内のコレステロールを増やしたり・減らしたりしやすくする食品を紹介しています。

 

参考記事:コレステロールを多く含む食品/コレステロールが少ない食品
参考記事:コレステロール減らすのに役立つ食品/増やしてしまう食品

人気サプリ第1位


ホーム RSS購読 サイトマップ